理学療法士

戻る home
理学療法士

病気やケガで身体機能が麻痺したり低下した場合に、その機能を回復するためにリハビリテーションを行ないます。そのリハビリテーションの方法や進行管理を担うのが理学療法士で、言わばリハビリテーションの専門職です。

仕事内容

医師の指示のもと、患者さんの低下した機能の回復を図るために理学療法を使ってサポートします。 理学療法士が行なう理学療法は主に運動療法と物理療法に分かれ、以下のような治療法があります。

運動療法

動かなくなったり、動きが十分でない関節や筋肉など、いろいろな運動をすることで本来の機能まで回復させます。

物理療法

水治療法

水中での浮力を利用して体に負担をかけずに機能回復を目指す治療法で、リラクゼーション的な効果ももたらします。

日常生活動作訓練

食事や入浴、排泄など生活に必要な基本動作ができるよう訓練し、能力障害が残った場合に必要な動作や日常生活の改善活動を指導します。

温熱療法

患部を温めて血液循環を良好に改善し、痛みを和らげ新陳代謝を促します。

寒冷療法

患部を冷やすことで血管の収縮・膨張作用を促し、痛みを和らげます。

電気光線治療

筋肉の萎縮を防いだり、痛みを和らげるために低周波や超音波などの機器を用いて治療を行ないます。

牽引療法

牽引器具を用いて骨と骨の隙間を広げて痛みや腫れを改善します。 この他、患者さんが自宅でリハビリテーションを行なう際の指導や、義肢・装具の提案、日常生活での予防提案など、現場での実務は多様化しています。

牽引器具を用いて骨と骨の隙間を広げて痛みや腫れを改善します。 この他、患者さんが自宅でリハビリテーションを行なう際の指導や、義肢・装具の提案、日常生活での予防提案など、現場での実務は多様化しています。

資格について

理学療法士になるためには、厚生労働省の国家試験に合格しなければなりません。
資格を取得すると、病院や診療所などの医療機関、老人保健施設や通所リハビリセンターなどの福祉施設において活躍の場があります。

試験内容と合格率

理学療法士の試験では筆記試験と口述試験及び実地試験が行なわれます。

筆記試験では一般問題(解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法)と、実地問題(運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法)から100問ずつ出題され、マークシート方式で解答します。

試験日は例年3月上旬に開かれ、筆記試験は全国主要都市8ヵ所で行なわれますが、実地試験は東京都のみで行ないます。4月上旬に合格発表があります。

合格率は2009年で90.9%、2008年で86.6%でしたが、それ以前は90%以上と比較的高くなっています。

柔道整復師の「理学療法士」への適性度

国家試験に合格している柔道整復師は、医学的な共通知識も多く、ステップアップの職種として適していると言えます。